忍者ブログ

好きなものだけ

川原和久さん・加藤虎ノ介さんを名古屋から絶賛応援中です

カテゴリー「作文」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私と露口茂さん/作品編

出演作品は新聞のテレビ欄でお名前を探し、
時間になれば、テレビ前でじーっと待機です。
(ビデオのない時代ですから・・・)

ヤマさん人気で
露口さんの出演もどんどん増え、
連続ドラマを3本掛け持ちされている時もありました

時代劇なら剣の遣い手、
刑事ものなら、優秀な刑事、
サラリーマンなら、部下の女性が憧れる上司
どれもこれも素敵なのですが、
もっと違う露口さんを見たい、
ふにゃふにゃした、ダメダメなのが見たい欲求がムクムクと・・・

そんな望みをかなえてくれたのが
1988年、T芝日曜劇場枠で放送された
「春の雪ふる、女は…」

辛い過去から、幸せに背中を向けている女(桃井かおり)が
飲み屋で、男(露口茂)と意気投合する。

この露口さんは
嫁に逃げられたのか、追い出されたのか
ちょっと情けない感じの男です。

店を出て、女が自分のアパートへ帰ると
しばらくして、行くあてのない男がやってくる
女は一度は追い返します

そこで男がハンカチに包んだものを
恥ずかしそうに、女に渡すのですが、
その中身が、なんと「雪ウサギちゃん」!

いやーっ、めっちゃズルイわー>露口さん
露口さんみたいな人に
「赤いおめめの雪ウサギ」を渡されたら
部屋に入れてしまうやん

女も追い返した時のさびしそうな背中と
雪ウサギにほだされて、部屋にいれてしまいます。

そこから後は、
濃いシーンも熱い台詞もありませんが(多分)
女が、だんだん心を開き、二人は結ばれていく・・・
そんなドラマでした。

このドラマの露口さんは渋くもなく、かっこよくもありません
スーツも着ていません。
グズグズで、はっきりしません。
でも、こんな露口さんが見たかったのよーーーーっ!

この時はもう50歳過ぎておられましたが
「行くとこないなら、うちへ来い!」
言ってあげたくなる、ダメダメっぷり。うふふふ、カワイイ♪

この時から、露口さんは私にとって「特別の存在」です。

その後、ドラマの他、
吹き替えなど活躍されていましたが
90年代後半以降は姿をお見かけしなくなりました

一時は「お亡くなり説」も流れましたが
故郷の愛媛県で静かにお過ごしのようです
どうぞいつまでもお元気で。。。

☆☆☆~~~☆☆☆
心の底の方にいた、露口さんへの想いを
綴ることができて、とても楽しかったです。
なんだか、すっきりしました。

どうもありがとうございました。
 

拍手[8回]

PR

私と露口茂さん/追っかけ編

知的で、スーツがよく似合って
私のワガママを全て受け止めてくれそうな、器の大きさ
この時から、私の中で露口さんは不動の地位を占めています。
虎ちゃんもカワハラさんも大好きですが、
露口さんは別格、殿堂入りです。

露口さんの写真といえば
太陽にほえろファンなら必ず購入していた
「太陽にほえろ」カレンダー
新宿の高層ビルの前で、渋くポーズを決めるヤマさん
ベッド上の天井に貼っていました。

そして、月刊誌「スタア」

俳優、歌手全般を扱う雑誌ですが
当時は刑事ドラマ全盛期、
刑事ドラマ中心の構成になっていました。

刑事ドラマ全出演者名鑑とか
各番組の人気刑事インタビューとか・・

特に、人気No.1の「太陽にほえろ」の記事は充実しており、
露口さんのステキ情報、
「高所恐怖症で飛行機はダメ、脚立にも乗れない」を知ったのも、
今も大切にしている
「太陽にほえろ」ポスターと露口さんブロマイドがあったのもここ

ポスターと言っても、縦35×横25の小さなものですが
テキサス・ボン時代の七曲署が勢ぞろい
水割りのグラスを持ち、くつろいだ、穏やかな笑顔の露口さんです。

このポスターと一緒に保管していたのが
女性セブンの記事の切り抜き(76年)
タバコをくわえた小さな写真と
露口さんが「テキサス、殿下につぐファンレターの数」
紹介されています

この記事どうやって、手に入れたんだろう?
美容院か歯医者で見つけて
誰も見ていないうちに、ページを破ってきたのかなあ?

露口さんのためなら、そんなこともしたのかしら?
したんだろーなー

~~~すみません、まだ続きます~~~
 

拍手[12回]

私と露口茂さん/出会い編

川原さんも大好きなんですが、
やはり、この人のことをいつか語りたかったです
「作文」のきっかけを作ってくれた
デッコポンさんありがとうありがとうありがとーーーう

やっとその日が来ました

誰がなんと言おうと、
この人が刑事の中の刑事、テレビドラマ史に残る刑事です。

「太陽にほえろ」のヤマさん、露口茂さんです!!!

すでにかなりコーフンしてます。。ハァハァ

「ヤマさん」との出会いは、小学生の時でした。
転校生が、小野寺昭さん(デンカ)の大ファンで
熱く熱く「太陽にほえろ」を語るので、見てみました。

ヤマさん、しぶいわ~~~
かっこええわ~~~

初めにハマったのは、母親と高校生の姉でした。

小学生にヤマさんの渋さはわかりません。
でも見ているうちに、
頭が良くて、優しくて、スーツがよく似合うなあ、
うちのオヤジ(ヤマさんと同い年)と全然違うよなあ、
なんであんなに素敵なんだ?と思い始め、
ヤマさんメイン回を見ていくうちに、その魅力にどっぷりん

好きな芸能人ができたら
 ・出演作品をもっと見たい
 ・載っている雑誌が見たい
 ・写真が欲しい

そんな想いが、当然ドンドコあふれてきますが
なにせ70年代ですよ、皆さん!
アイドルなら「明星」「平凡」がありますが
40過ぎの俳優は載りません。
レンタルビデオもありません

まして、露口茂さんはマスコミ嫌いで有名な方・・・

小学生~中学生のまちこは
どのようにして、露口さんを追っかけたのか?

(追っかけ編へ続く)
 

拍手[3回]

私と陸奥A子 ☆2

毎月の発売日は、学校帰りに本屋へ直行。
マンガもですが、付録も楽しみだったので
買いに行くのは、「付録を大事に扱っている本屋」に
決めていました。
強くひもで縛られると、本のサイズより大きな付録は
折れ曲がったりするからです。

今目の前にある、50×35×H25のポリケースには
(陸奥A子だけでなく、他のマンガ家さんのもありますが、)
トランプ7つ、ノート11冊、筆箱2つ、小物入れボックス3つ
バインダー、応募者全員プレゼントの財布、バッグ
お手紙セット(殆ど使ったので便箋2~3まいずつ)、紙袋7枚
メモ・手帳類8冊・・・他小物などが入っています。

陸奥A子の「着せ替え」とかもありますねえ
主に1979年~1981年あたりの付録です。

ちょっと使って汚れているのもありますが
陸奥A子の付録は絶対使わず、
30年近く前のノートでも、「先月号の付録?」ぐらい、キレイです

これと一緒に嫁入りしました。
今でもこれを眺めていると
夢見ていた頃のことが思い出されます。

虎ちゃんや、次の作文の人は違いますが
それ以来、陸奥A子作品の男の子みたいな人が大好きです。
某ろだにあった、
若いアニキが真ん中の3人組の画像。
あのアニキが、まさに理想のタイプです。
B'zの稲葉さん、佐々木蔵之介さんもいいです。

大学に入って、
内容がつまらなくなってきたのと
「細くて背が高くて、手足つるん」の人が現れたので
りぼんは卒業しました

それが今の相方です
もう細くないですが、手足つるつるは変わらずです

~~~ おしまい ~~~

拍手[3回]

私と陸奥A子 ☆1

今回の作文は、「長身細身・手足つるつる」好きの元になったマンガの作者
陸奥A子です。

最初にお断りしますが、何しろ○十年前のお話なので、
「何ソレ?」な単語が連発ですが、
その辺りはよろしく♪

私が通っていた高校は私服でして、
アイビールックとかハマトラもどきに
(ハイソックスとかチェックの巻きスカートとかですわ)
愛読していた「mcSister」掲載の
Do!Familyのスタジャンを着て通学しておりました

と書けば、えっらい「おしゃれな高校生」みたいですが・・・・

実際は高校と家の往復だけ、
楽しみは、夕方のドラマの再放送を見ることと
マンガだけの、地味~~~~な女子高生でございました。

当時、少女マンガファンは「なかよし派」「りぼん派」に分かれていましたが
私は断然、「りぼん派」、中でも陸奥A子先生のマンガが大好きでした

主人公はアイビールックの女子高生、
憧れの相手はいつも、「細身長身」の男の子。
サッカー部に入っていても、決して「熱血体育会系」ではなく
(むしろ文化系っぽい)
手足も細くて、つるつる。そしてちょっとシャイ♪

そんな二人の「ほのぼの乙女ちっく」な恋物語に
ワクワク・ドキドキし、こんな妄想をしておりました

「こんな私にだって、
細くて背が高くて、手足つるつるな男の子があらわれるわ、きっと!」

続く・・・

拍手[0回]

私とイタミン(3)

10月3日以降の、
私の「ほぼ日手帳」は、「ほぼカワハラ手帳」に変身。

11月15日までには
それまでに出ていた相棒の全DVD
アヴァルス、相棒オフィシャルBOOK、デカマガ5,6・・
全部買ってました。

当然、お金もびゅんびゅん飛んでます。
使った額も、「ほぼカワハラ手帳」に書いてますが、
あらあらあら・・・・
こんなに使ってるわ、ワタシ。

でも、こんなに誰かにはまるなんて
初めてなので
トコトン行けるとこまで、行くつもりです。
 
体力とお金の続く限り・・・

★おしまい★

拍手[0回]

私とイタミン(2)

昨年の手帳を元に振り返ってみると

7月
  6月末で仕事終了し、プー開始。
  このころは虎ちゃん一筋。 
  相棒を再放送で知る。
8月
  オリンピックと、虎ちゃん三昧
  多分、相棒を見てるはずだが記述なし
9月
  オリンピック終了後、BS朝日で怒涛の相棒再放送。
  10月仕事再開まで、相棒中心の生活

そして、10月3日のページに、
「最近、イタミンに注目!」とあり。。。
何があったんだーーー?>わし

「変な刑事だな」と気にはなってたけど
どこで好きになったんだろ?
未だに謎。

拍手[0回]

私とイタミン(1)

大好きなブログから
このテーマを勝手に頂戴しました。

---------------------------------------------------------
・・・で、書こうと思ったのだけど
「これで好きになりました」と
きっかけが、どうにも思い出せない

中学生頃より
  ★体育会系、熱血派はキライ

  ★熱い主役よりCOOLな脇役、 斜に構えたヤツが好き
    アカレンジャーよりアオレンジャー、
    ムーミンならスナフキン

  ★細くて、背が高くなきゃイヤ

こんなシュミなので
イタミンにはまるのは、当然と言えば当然なのだが・・・

拍手[0回]

  

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[12/22 ★ぴあの様]
[09/29 ちゃこりん]
[09/15 うさぎ]
[09/15 まちこ]
[06/08 まちこ]
[05/24 まちこ]
[05/22 まちこ]
[05/22 まちこ]
[04/30 まちこ]
[04/26 まちこ]
[04/20 まちこ]
[04/19 まちこ]
[04/11 まちこ]
[04/11 ばんみ]
[04/10 まちこ]

Machiko's Favorite

プロフィール

HN:
まちこ
性別:
非公開
自己紹介:
川原和久さんと加藤虎ノ介さんを見ているだけで
日々幸せな気持ちになっています

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- 好きなものだけ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]